富みを得る方法として名高いマンション経営をする極意

急速に高まったシステム

メンズ

部屋を借りる時には連帯保証人を立てて賃貸借契約をしないといけませんが、核家族化が進み、親族との付き合いが希薄になっている中、連帯保証人を頼みづらいような時勢になっています。又、身寄りのない高齢者の世帯や単身住まい世帯が増加して、連帯保証人を探すことが困難になっているのが現状といえます。このような社会状況を背景に、家賃保証のニーズが非常に高まっています。借主が家賃を支払わなかった時に、通常は連帯保証人へ請求するのですが、家賃保証会社が貸主への立替払いをするものです。後に家賃保証会社が家賃の請求を借主に対して行います。家主は請求に余計な労力を負わず、借主は連帯保証人を頼む負担から逃れられる双方のメリットがあり家賃保証のビジネスは非常に人気と言えます。

家賃保証の重要性が特に顕著になったのは2008年のリーマンショック以降です。失業者や非正規雇用者が増加しましたので、それに伴って家賃滞納者の急増したのが背景です。家賃を借主が滞納したら連帯保証人へ請求をしますが、不況の世の中で家賃の肩代わりが出来なくなった連帯保証人が急増したと言うような背景から、家賃保証会社が一気に人気になったと言う背景です。また、空室になった部屋を募集するに当たり、家賃保証会社を利用する事を前提に、連帯保証人不要と言った謳い文句で空室を募集出来、入居促進にも非常に役に立つと言うのも家賃保証会社が急速に利用されるようになった背景と言えるでしょう。貸主、借主にも様々なメリットがあり、家賃保証会社もビジネスとして成立すると言う観点から活発に利用されています。