富みを得る方法として名高いマンション経営をする極意

家賃設定はとても大切です

男の人

情報収集の方法とは

マンションやアパートを購入して不動産投資を行う人も少なくありませんが、そのときに重要なのが空室の家賃をいくらに設定するかということではないでしょうか。あまり高く設定しても入居者が集まらないし、逆に安すぎても投資として利益が得られないことがあるからです。まず一番初めに行うのは周辺の家賃相場を調べて理解することから始めましょう。ではどうやって家賃相場を調べていくのかといえば、不動産仲介業者の営業マンにヒアリングするのが良いでしょう。対象となる地域で、1Kや1LDKなど間取りごとの家賃相場がいくら位であるかをざっくりと把握しましょう。営業マンから教えられる金額は、経験則から決められると考える数字であり参考になるでしょう。

不動産投資の成否を決める

家賃設定は不動産投資の成否を決める重要なファクターです。家賃を決める要素には色々なものがありますが、建築会社やハウスメーカーの事業収支プランの家賃をもとに決めている大家さんも多いでしょう。しかしこれが家賃相場として正しいと信じ込んでしまわない方が良いでしょう。大家さん自らが、地元の不動産仲介業者から家賃相場について聴き取り調査を行ったり、インターネットや賃貸情報誌を使って賃貸住宅の成約賃料との比較を行ったりすることも大切です。更には周辺にある物件との賃料の比較を行うことも非常に重要なことであります。大家さんがこれらのことを繰り返し行って経験を積むことで、周辺のマンションやアパートと合った適切な家賃を決めることができるのです。